「旦那が嫌いで仕方ない」って検索される前に知っておきたい男の10の掟

世の中には、旦那の事が大嫌いな女性がたくさんいるようで、

わざわざTwitterのユーザー名に「旦那嫌い」を入れて、旦那への不満を愚痴りまくる人が山ほどいるくらいです。

Yahoo!で「旦那」と検索すると・・・

 

ちなみに「嫁」だとこんな感じ。

こっちもネガティブワードが多めですが、「旦那」ほどネガティブ一色ではないんですねー。

 

だんなデスノートという掲示板もあるくらいですからねー。しかもこれが大人気ということで・・・。

 

私はまだ独身ですが、将来の自分の嫁さんが「だんなデスノート」に書き込まないとも限りません。

そこで今回は、

「なぜ旦那はここまで嫌われてしまうのか?その理由」

について考えたいと思います。

 

独身男に夫婦関係の事はわからん・・・という問題もありますが、

「独身だからこそ、客観的に見れる」

という部分もあると思うので、少しは参考になるはずです。

 

いちおう男性向けに書いている記事ですが、「旦那が嫌いな理由」の根っこの部分が分かれば、対処のしようがあるという意味で、

女性にも役立つヒントがあるかもしれません。

女性が旦那を嫌いになる理由

おそらく多くの夫婦は、もともと好き同士で結婚したわけですから、「好き」と言う状態から、その逆に位置する「嫌い」に至るまでには、必ず理由があるはずです。

 

(1)家事は手伝ってくれないのに口は出す
(2)自分が悪いのに謝らない
(3)休日はゴロゴロ
(4)容姿の劣化を指摘する
(5)浮気していた
(6)仕事のイライラを家庭に持ち込む
(7)帰りが遅いと怒る

旦那がうざい!? 旦那が嫌いすぎる妻たちの本音と嫌いな理由 – Menjoy! メンジョイ

 

1.自己中心的
2.家事・育児を手伝わない
3.浮気が発覚した
4.仕事やお金の面で問題がある
5.マザコン
6.束縛してくる

もはや愛はない?「夫が嫌い」という既婚女性たちに、その理由を聞いてみた – 暮らしニスタ

無理解・非協力な旦那が嫌われる

 

旦那を嫌いになる理由は人それぞれですが、結局のところ、

  • 奥さんの気持ちや大変さを理解しようとしない
  • 力を合わせようとか、相手の負担を減らそうと言う言動が無い

という事に集約されるんじゃないかと思います。

 

こういった、無理解と非協力的な言動が、

  • 旦那が嫌いで仕方ない
  • 旦那にイライラが止まらない

という奥様方を量産しているのかなーと。

 

旦那目線で言えば、「自分は仕事でこれだけ大変な思いをしているんだ!」という事を、

  • 奥さんに理解してほしい
  • 話を聴いてほしい
  • 優しい言葉の1つでもかけてほしい

という気持ちから、つい言わなくて良い一言を口走ってしまうんじゃないかと思います。

 

たとえば、上のTwitterの例だと、

「いーねー、こっちは仕事してるのに楽しい所遊びに行けて。」の後に、

「俺はこんなに仕事で嫌な思いをしてるのに・・・この苦労を理解して!」

という隠れた下の句があって、真に伝えたいメッセージはその部分なんじゃないかなーと思うわけです。

 

ですが、

自分の苦労をアピールするために、相手の苦労を軽く扱う

ってのは、実は誰もがよくやりがちな間違ったコミュニケーションなんじゃないかなーと。

とくに夫婦間でこれをやってしまうと、

いつの間にか、100億倍も嫌われてしまうわけです。

  • 家事は手伝ってくれないのに口は出す
  • 休日はゴロゴロ
  • 容姿の劣化を指摘する
  • 仕事のイライラを家庭に持ち込む
  • 帰りが遅いと怒る
  • 自己中心的
  • 束縛してくる

などなど、旦那を嫌いになる理由の多くは、奥さんへの無理解と非協力が原因だと思われるので、

  • 自分だけが辛い思いをしているとか、
  • 自分だけが疲れている

みたいな思い込みは捨てて、

「自分と同程度にパートナーも大変な思いをしているはず」

と思っておいていいんじゃないでしょうかねー。実際、人の苦労とか見えていないし、見てもどれだけ辛いかは分からなかったりしますからねえ。

信頼残高を貯めよう

いきなり何のこっちゃって感じだと思いますが、ここで信頼残高と言う言葉を紹介します。

信頼残高とは、スティーブン・R・コヴィーが書いた「7つの習慣」という書籍の中で紹介されている概念です。この本、3000万部も売れていて、日本でも200万部くらい売れているみたいです。

信頼残高というのは、ザックリ言えば、お金のように信頼も貯めることが出来るし、逆に自分の言動によっては、せっかく貯めた信頼も一気に無くなってしまうよねーと言う感じ。

「信頼残高」 | 7つの習慣 | 人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズ

 

「7つの習慣」はいわゆるビジネス書ですが、これ夫婦関係のマネジメントにも使えるんじゃないかと思います。

旦那が奥さんに嫌われる理由をあらためて見ると分かりますが、信頼残高を引き出す(マイナスされる)5つの項目に合致するような言動なんですよねー。

  1. 約束を破る
  2. 不親切であり無礼な態度
  3. 期待を裏切る
  4. 謝らない、高慢な態度
  5. 表や裏がある(二面性)

信頼残高が0とか、なんならマイナス100億とかになっている方は、とにかく信頼残高をプラスする5つの言動を心掛けてみてはどうでしょう。

  1. 約束を守る
  2. 親切であり礼儀正しい
  3. 期待に応える
  4. 謝る、謙虚な態度
  5. 人の悪口を言わない

いきなり全部変えるっていうのは大変だと思うので、

  • 守れない約束はしない
  • 小さな約束でも必ず守るとか
  • 「ありがとう」と「ごめん」を徹底してみるとか

簡単に出来そうなところからやって、信頼残高をコツコツ貯めてみたらいいんじゃないかと思います。

ということで、よりモチベーションを高めるために、スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」を読んでみるのもオススメです。

まとめ

結婚して共同生活をしているからには、仲がいいに越したことはないわけです。その為には、相手を理解して協力する事で、信頼を築いていく必要があるという事ですね。

信頼を築くための、会話のネタというのも以前紹介したので、「どんな会話をすれば信頼してもらえるのか?」を知りたい方は、こちらの記事をチェックしておくといいかもしれません。

あらゆる人間関係で使える”特別な関係”になるための会話のネタ10選

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました